不動産会社は不動産価格をどうやって決めるの?

不動産会社の不動産の価格の決め方


不動産の価格の決め方(不動産の鑑定評価)には、次の三つがあります。
不動産屋さんが価格を提示する場合、原則としてこの3つの方式を併用して、不動産価格を計算しています。




@原価法

その不動産を再度調達したと仮定した場合の価格を参考にする方法です。


A取引事例比較法

その不動産と似たような取引で付いた値段を参考にする方法です。


B収益還元法

その不動産が生み出すであろう賃料などの収益を参考にする方法です。





ただし、これらの方法によって求められた価格は、実際の取引においては、価格を決める資料でしかありません。

不動産の取引は、売り手と買い手の合意によって成立します。

一般的には、上記の方法によって求められた「価格」を参考に、売り手もしくは買い手が希望する価格を提示します。

当然、みんなが欲しがる不動産であれば、その価格は必然的に高くなります。

一方、誰も欲しがらないような不動産は、本来の価値よりも下がってしまいます。
さらに、売主が現金化を急いでいる場合には、市場価格の半分で取引されるというケースもあります。

不動産の売買は、普通に暮らしていると、一生のうち一回あるか無いか…、という頻度です。

不動産価格は経済情勢や相場によって左右されますので、購入を検討される場合、資料を取り寄せたり、チラシや情報誌をチェックするなどして、近隣の不動産の取引状況を確認しておくといいでしょう。





スポンサー




posted by Office-ISC at 12:12 | 不動産の価格の決め方
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください