足立成和信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット



足立成和信用金庫は、東京都足立区に本店を置く信用金庫です。セカンドハウスにも使える「フラット35」もあるので、エリア内にお住まい・お勤めの方は要チェックです。






スポンサー


足立成和信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット

足立成和信用金庫 金融機関コード 1327

■ 足立成和信用金庫  フラット35住宅ローン 紹介

足立成和信用金庫のフラット35 について


金利が変わらない「フラット35」は、返済計画が立てやすく、低金利時代には魅力的な住宅ローンです。


足立成和信用金庫のフラット35を利用できる人


以下の条件をすべて満たす方です

1.お申込時の年齢が70歳未満の方
(親子リレー返済をご利用される場合は、満70歳以上の方もお申込いただけます。)

2.日本国籍 を有する方、永住許可を受けている方または特別永住者

3.これから申し込む住宅ローンとその他の借入金を合わせた「全てのお借入金の年間返済額の年収に占める割合」が、次の範囲内である方。

・年収400万円未満の場合 30%以下
・年収400万円以上の場合 35%以下



こども.jpg




足立成和信用金庫の住宅ローン のデータ

利用できる方
団体信用生命保険に加入が認められる方。
■安定継続した収入が見込まれ、前年の年収が100万円以上の方。
■取引停止処分者・個人信用情報の事故登録者でない方。
■当金庫の会員となれる方。
1.当金庫営業地区内に住所がある方。
2.当金庫営業地区内の事業所に勤務されている方。


上記の条件を満たたうえで、保証会社によって以下の条件があります


(社)しんきん保証基金の保証を得られる個人・個人事業主の方

■融資時満20歳以上70歳未満で、かつ最終返済時に満80歳以下の方。
■会社員・公務員は勤続年数1年以上の方。
■法人役員は勤続年数3年以上の方。
■年金受給者の方は別途ご相談ください。
■自営業者は営業年数3年以上の方。
■他金庫および当金庫本支店に基金の保証付住宅ローンの利用残高がない方。
■借換住宅プランは返済実績原則1年以上・直近1年間延滞がない方。



全国保証(株)の保証を得られる個人・個人事業者の方

■融資時満20歳以上65歳未満で、かつ最終返済時に満80歳未満の方。
【勤続年数】※1
●正社員(一般)、医師・弁護士・公認会計士・税理士:1年以上
●正社員(親族会社勤務):1年以上かつ通年決算2期以上
●自営業者・法人役員:通年決算2期以上
■年金受給者の方は別途ご相談ください。
■借換の場合は返済実績原則1年以上・直近1年間延滞がない方。
※1・・・基準外の方でも、お取り扱い可能な場合もあります。





記事更新日 2018年3月3日






スポンサー




■ 信用金庫・信用組合の住宅ローン 失敗しない選び方


住宅ローンを選ぶときには、複数の金融機関の金利や手数料を比較するのがポイントですが、金融機関ごとにいちいちシミュレーションするのは手間がかかり、時間と労力がムダになります。


なので、住宅ローン一括審査申し込みができるサイトを利用するのが便利でお得です。


以下のサイトなら、約60の金融機関の中から最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができるので、大手都市銀行とお住まいになっている地域の金融機関の融資条件をまとめて比較できます。


仮審査の結果がでると、金利や事務手数料、保障内容、総支払額がわかるので、最もお得な住宅ローンを申し込めます。


実は私もこちらのサイトを利用して、当初予定していた金融機関よりも総支払額が130万円もお得になりました。


新規の融資だけでなく住宅ローンの借り換えの場合も比較できるので、とても便利ですよ!



以下に、比較サイトのQ&Aを紹介します。利用する際の参考にしてください。


Q.住宅ローン申し込みまでの流れを教えて!

A.住宅ローンの申し込みには仮審査(事前審査)が必須です。自分がどの金融機関に申し込めるのか、確認するためにも複数の金融機関の仮審査に申し込みましょう。
仮審査の結果をもとに条件のいい金融機関を見つけたら、その金融機関の本審査を受けることになります。そして、本審査に通ったら、住宅ローンの融資が実行されます。



Q.住宅ローンの仮審査(事前審査)ってなに?

A.住宅ローンは申し込めば、すぐに融資されるものではありません。まずは、仮審査(事前審査)に申し込んで、金融機関で本審査が受けられるかを確認します。

仮審査は主に信用度(融資の残高や返済状況など)をチェックするので、カードローンやクレジットカードなど、必要のないものは解約しておくといいでしょう。



Q.複数の金融機関に仮審査申し込みをしてもいいの?


A.複数の金融機関に仮審査を申し込んでおけば、審査が通った金融機関の中から条件のいい金融機関を選べるのでとても便利です。
もしも1つの金融機関しか仮審査を申し込んでいなければ、審査に落ちたら別の金融機関を探して、新たに手続きをやり直さなければなりません。
スムーズに住宅ローンの融資を受けるため、複数の金融機関に仮審査を申し込むことを推奨しています。



Q.仮審査に申し込んだ情報を銀行同士で共有しているの?

A.仮審査に申し込んだ情報を信用会社を通じ、銀行同士で共有しているということはありません。









※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください



posted by Office-ISC at 22:59 | 足立成和信用金庫
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください