目黒信用金庫(めぐしん) 住宅ローン 口コミ情報



目黒信用金庫は東京都目黒区に本店を置く信用金庫です。優遇金利があるので、条件を確認しておきましょう。




目黒信用金庫(めぐしん) 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット

目黒信用金庫 金融機関コード 1346





スポンサー


■ 目黒信用金庫(めぐしん)の住宅ローン


目黒信用金庫の場合、インターネットで詳しい住宅ローン商品の紹介をしていません。
支店に問い合わせるなどして、確認するといいでしょう。

ネットで確認できた情報をまとめました。


〇 住宅ローン「大黒柱」

預金金利連動型の住宅ローンです。お客様のお取引に応じて最大0.8%の金利が優遇されます。
★しんきん保証基金の保証制度をご利用いただきます。




〇 住宅ローン「安心住宅」

変動金利、固定金利選択型のお借入方法が選択できます。
★全国保証鰍フ保証制度をご利用いただきます。



整体 A.jpg



■ コメント 

目黒信用金庫(めぐしん)で住宅ローンを申し込む場合、「優遇金利がある」ことが大きなメリットです。
金利や手数料だけでなく、優遇金利を受けることができる条件も比較して検討しましょう。

ちなみに 一方、信用金庫で住宅ローンを申し込む場合、ほとんどデメリットはありません。
強いて挙げるとすれば、財務体質が大手に比べて脆弱なこと。ただ、普通に返済を続けている限り、破たんしても被害を受けることはありませんので、あまり神経質になる必要はありません。

ですので、信用金庫の住宅ローンに申し込む前に、他の大手金融機関やネットバンキングなどのサイトをチェックし、金利条件を比較しておくといいでしょう。



記事更新日 2018年3月3日



■ 信用金庫・信用組合の住宅ローン 失敗しない選び方


住宅ローンを選ぶときには、複数の金融機関の金利や手数料を比較するのがポイントですが、金融機関ごとにいちいちシミュレーションするのは手間がかかり、時間と労力がムダになります。


なので、住宅ローン一括審査申し込みができるサイトを利用するのが便利でお得です。


以下のサイトなら、約60の金融機関の中から最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができるので、大手都市銀行とお住まいになっている地域の金融機関の融資条件をまとめて比較できます。


仮審査の結果がでると、金利や事務手数料、保障内容、総支払額がわかるので、最もお得な住宅ローンを申し込めます。


新規の融資だけでなく住宅ローンの借り換えの場合も比較できるので、とても便利ですよ!



以下に、比較サイトのQ&Aを紹介します。利用する際の参考にしてください。


Q.住宅ローン申し込みまでの流れを教えて!

A.住宅ローンの申し込みには仮審査(事前審査)が必須です。自分がどの金融機関に申し込めるのか、確認するためにも複数の金融機関の仮審査に申し込みましょう。
仮審査の結果をもとに条件のいい金融機関を見つけたら、その金融機関の本審査を受けることになります。そして、本審査に通ったら、住宅ローンの融資が実行されます。



Q.住宅ローンの仮審査(事前審査)ってなに?

A.住宅ローンは申し込めば、すぐに融資されるものではありません。まずは、仮審査(事前審査)に申し込んで、金融機関で本審査が受けられるかを確認します。

仮審査は主に信用度(融資の残高や返済状況など)をチェックするので、カードローンやクレジットカードなど、必要のないものは解約しておくといいでしょう。



Q.複数の金融機関に仮審査申し込みをしてもいいの?


A.複数の金融機関に仮審査を申し込んでおけば、審査が通った金融機関の中から条件のいい金融機関を選べるのでとても便利です。
もしも1つの金融機関しか仮審査を申し込んでいなければ、審査に落ちたら別の金融機関を探して、新たに手続きをやり直さなければなりません。
スムーズに住宅ローンの融資を受けるため、複数の金融機関に仮審査を申し込むことを推奨しています。



Q.仮審査に申し込んだ情報を銀行同士で共有しているの?

A.仮審査に申し込んだ情報を信用会社を通じ、銀行同士で共有しているということはありません。









※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください




posted by Office-ISC at 11:43 | 目黒信用金庫(めぐしん)
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください