住宅ローン申し込みに必要な書類 一覧

住宅ローン申し込みに必要な書類 一覧

住宅ローンの申し込みに必要な書類は?

住宅ローンの申し込みに必要な書類は、各金融機関によって種類や数が若干違います。
申し込み崎の信用金庫に確認し、前もって準備しておくことをおすすめします。

また、自営業者の場合、納税証明書が収入を証明する書類となります。
収入がある事が証明できても、確定申告をしていなかったり、また、節税のために収入をさえて申告している場合には、融資がむずかしくなる場合があります。

さらに、納税証明書は納税額が確定されないことには発行されません。
確定申告が終わった直後は確定申告で使用した書類が「納税証明書の代わり」として必要になります。
大切に保管しておきましょう。


【 住宅ローン申し込みに必要な書類の一覧です 】

●本人を確認するための資料 (免許証のコピー)

●所得証明書・源泉徴収書など収入を確認できる書類
  ・各金融機関によって違います。
  ・おおむね過去2〜3年分が必要になります

●自営業の方は、過去2〜3年分の納税証明書
  ・確定申告の際に作成した書類が必要になる場合もあります

●勤続年数を確認できる書類

●健康保健証のコピー

●印鑑証明書・住民票  
  ・必要枚数は、各金融機関で違います

●住民票
  ・家族全員記載のものです

●自己資金を確認できる資料
  ・住宅ローンは、原則として購入物件の8割が上限になります。
   残りの2割と売買に係る諸費用は、自己資金になります。
   そのため、自己資金を持っているのか通帳で確認します。

●物件に関する書類
  ・土地・建物登記簿謄本、売買契約書、重要事項説明書、
   建物平面図、公図、実測図、物件案内図など。
   不動産業者に揃えて貰いましょう





スポンサー









posted by Office-ISC at 11:32 | 申し込みに必要な書類
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください