固定資産税とは  /  固定資産税 QアンドA

固定資産税とは  /  固定資産税 QアンドA

不動産を所有しているかぎり毎年課税されるのが「固定資産税」です。
マイホームを保有するうえでたいへん重要な税金ですので、この機会に正確に理解しておきましょう。


●固定資産税とは

固定資産税とは,固定資産の所有者に対して課される市町村税のことです。
不動産を所有している限り毎年課税されます。



●固定資産税の税率は

税率は,原則として1.4%となっています。
ただし,市町村は財政事情によって,1.4%の標準税率を超える税率にすることができますので、一度ご確認をされるといいでしょう。



●固定資産税の税額はどのくらい?

固定資産税の税額は,課税標準×税率=税額という式で求めることができます。
ただし、この場合の「課税標準」は購入価格とは違います。
固定資産台帳に記載された額になります。



●固定資産税の課税標準とは

課税標準とは,税率を掛ける前提になる数字です。
不動産取得税と同様,固定資産課税台帳に登録された価格をさします。

固定資産税の課税標準(固定資産課税台帳に登録された価格)は,3年間据え置かれ,3年ごとに見直しされるのが原則です。

ただし,地目の変換や家屋の改築など、特別の事情があった場合には,基準年度から3年経過しなくても見直されます。



●固定資産の『所有者』は

固定資産の『所有者』とは,1月1日現在,登記簿または固定資産課税台帳に所有者として登録されている人をさします。



●年の途中で不動産の売買が行われた場合どうなるの

年の途中で所有者が変わった場合でも,その年の1月1日に登録されている人が全額を納付する義務を負います。

もしも、年の途中で不動産の売買が行われた場合には、双方で支払いの額について取り決めを行うのが普通です。
(例えば、売主もしくは買主の一方が負担する、売主・買主で所有期間に応じて負担割合を決める 等)



●固定資産税の控除制度について

■固定資産税の税額の控除

次の場合には固定資産税の税額が控除されます。

新築住宅の場合
次の要件を満たす新築住宅は,3年間(3階以上の中高層耐火建築物は5年間)にわたり,床面積120uまでの部分の税額が2分の1控除される。
@床面積の2分の1以上が居住用であること。
A居住用部分の床面積が50u以上280u以下であること(アパート・マンションなどの貸家の場合は,各室の床面積が40u以上280u以下であること)。

(*注意)この税額控除は,中古住宅には適用されません。



■住宅用地の特例

住宅用地については,課税標準が3分の1に軽減されます。
ただし,200u以下の部分の住宅用地については課税標準が6分の1になります。



●固定資産税の免税点について

課税標準が次の価格(固定資産課税台帳に登録された価格)に満たないような少額な場合には、原則として固定資産税がかかりません。

これを固定資産税の免税点といいます。

@土地の場合……………………30万円
A家屋の場合……………………20万円





スポンサー





posted by Office-ISC at 11:38 | 固定資産税とは
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください