登録免許税とは  登録免許税 QアンドA

登録免許税とは  登録免許税 QアンドA


●登録免許税とは

登録免許税とは,不動産登記を受ける人に課される国税です。

不動産登記を受ける者が2人以上いる場合は,全員が納税義務者となります。
例えば不動産を売買して所有権の移転登記を受ける場合には,売主と買主が連帯して,登録免許税の納税義務者になるということになります。

ただし、 表示に関する登記を受ける場合には非課税となります。



●登録免許税の「税率と税額」

登録免許税の税額は,「課税標準×税率=税額」という式で求めることができます。


◆税率

@所有権の保存登記を受ける場合

本則は1,000分の4です。
ただし,条件によって軽減される場合があります。

A所有権の移転登記を受ける場合

本則は1,000分の20です。
ただし,条件によって軽減される場合があります

B抵当権や質権の設定登記を受ける場合

本則は1,000分の4です。
ただし,条件によって軽減される場合があります


◆税額

税額が1,000円に満たない場合は,その登記に関する登録免許税の税額は1,000円になります。
これを、登録免許税の最低税額といいます。



●登録免許税の課税標準

@ 所有権の保存登記・所有権の移転登記・地上権や賃借権の設定登記を受ける場合
・・・・不動産の価額が課税標準になります。

ただし,この不動産の価額は,当分の間, 固定資産課税台帳に登録された価格を基礎として政令で定める価額によることができることになっています。


A抵当権や質権の設定登記を受ける場合
・・・・債権金額(設定者から見れば債務金額)が課税標準になります。



●登録免許税の免税点

登録免許税には免税点がありません。

ちなみに、登録免許税の課税標準が1,000円に満たない場合は,その課税標準が1,000円になる,という規定があります。




●登録免許税の納付方法

原則として、現金で納付をします。
ただし,納付額が3万円以下の場合は,例外的に,収入印紙を登記申請書に貼りつけて納付することができます。


◆不足があった場合

登録免許税を納税した後に,納税額に不足があったことが判明した場合、所轄の税務署長が不足額を追徴できるようになっています。


◆納税場所および時期

登録免許税を納税する納税地は,登記を受ける登記所の所在地で、登記を受ける際に納めなくてはなりません。





スポンサー




posted by Office-ISC at 11:40 | 登録免許税とは
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください