繰り上げ返済 「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」メリットとデメリット

繰り上げ返済 「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」メリットとデメリット

繰上げ返済とは、返済期間中にローン残高の一部もしくは全部を返済することです。

繰上げ返済をすると、借入金額の元本が減少するため、支払利息が大幅に減少します。
これが、繰上げ返済の最大のメリットです。


繰上げ返済の方法について

繰上げ返済の方法は、期間を短くする方法と、月々の返済額を抑える方法に分けることができます。
その方法に応じて、「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」と呼ばれています。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので、返済計画やお子さんの成長などに合わせ、方法を選択されるといいでしょう。


住宅ローンの繰り上げ返済プラン 「返済期間短縮型」とは

毎月の返済額は変えずに支払い期間を短縮する方法です。

期間短縮により支払う利息の額が大幅に減少しますので、繰上げ返済した効果は大きくなります。

ただし、一旦短縮した期間は元に戻せません。
まとまった出費に充当する蓄えがないと、将来の生活資金に不足が生じる恐れがあります。
返済額にゆとりのある方や、共働きなどによる世帯収入の多い方に向いている返済方法です。



住宅ローンの繰り上げ返済プラン 「返済額軽減型」とは

支払い期間を変えずに月々の返済額を減らす方法です。

返済期間短縮方に比べると支払い総額は多くなりますが、月々の返済額が少なくなりますので生活費にゆとりが生まれます。

育ち盛りのお子さんのいらっしゃる世帯などは、お子さんが成長されるまでこの方法を選択し、将来さらにまとめて繰り上げ返済を考えることで負担を減らす事ができます。





スポンサー






posted by Office-ISC at 12:03 | 繰り上げ返済について
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください