興産信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット



興産信用金庫は東京都千代田区に本店を構え、「地域社会の繁栄に貢献する」を基本理念の一つに掲げている信用金庫です。興産信用金庫の営業地区に居住または勤務先がある方は、優遇金利があるのか確認しておくといいですよ。



興産信用金庫 金融機関コード 1305




スポンサー



興産信用金庫 住宅ローン 口コミ情報 / メリットとデメリット


興産信用金庫の住宅ローン「こうさん住宅ローン みらい」は、しんきん保証基金の保証付き住宅ローンです



興産信用金庫の住宅ローンの概要

● 興産信用金庫の住宅ローンの利用可能な方
・興産信用金庫の営業地区に居住または勤務先を有する方
・満20歳以上 満70歳未満で最終返済時 満80歳以下の方
・給与所得者は勤続年数1年以上、事業者は事業年数3年以上の方、公的年金を受給中の方
・安定継続した収入がある方
・一般社団法人しんきん保証基金の保証が受けられる方


● 興産信用金庫の住宅ローンの使いみち
本人及びご家族が居住するための土地建物の購入や新築の資金、マンションの購入、改築、増改築、借換えの資金に利用可能です。


ビジネスマン.jpg


● 興産信用金庫の住宅ローンの融資金額
50万円以上8,000万円以内

● 住宅ローン 融資利率
興産信用金庫の新短期プライムレートを基準とした金利を適用されます。

● 興産信用金庫の住宅ローンの返済期間
最長35年

● 返済方法
毎月元利均等返済とし、ボーナス併用による償還も可能。

● 保証・保証人
社団法人しんきん保証基金の保証を利用のため、保証人は原則不要です。
(保証料・事務手数料が必要です。)

● 担保
融資の対象となる土地と建物に第1順位の抵当権を設定されます。
但し、住宅金融公庫などの公的機関を利用している場合には次順位も可能です。
また、担保の建物には新たに火災保険を加入していただきます。(第一順位の質権設定)

● 団体信用保険
団体信用生命保険に加入していただきます。
保険料は興産信用金庫が負担してくれます。

● 必要書類
本人を確認できるもの(運転免許証・健康保険証・顔写真付住民基本台帳カード)
所得を確認できるもの(所得証明書・源泉徴収票等)
資金使途を確認できるもの(見積書・注文書等)
などの確認資料が必要となります。



作成日 2018年3月3日






スポンサー



Q.住宅ローン申し込みまでの流れを教えて!

A.住宅ローンの申し込みには仮審査(事前審査)が必須です。自分がどの金融機関に申し込めるのか、確認するためにも複数の金融機関の仮審査に申し込みましょう。
仮審査の結果をもとに条件のいい金融機関を見つけたら、その金融機関の本審査を受けることになります。そして、本審査に通ったら、住宅ローンの融資が実行されます。



Q.住宅ローンの仮審査(事前審査)ってなに?

A.住宅ローンは申し込めば、すぐに融資されるものではありません。まずは、仮審査(事前審査)に申し込んで、金融機関で本審査が受けられるかを確認します。

仮審査は主に信用度(融資の残高や返済状況など)をチェックするので、カードローンやクレジットカードなど、必要のないものは解約しておくといいでしょう。



Q.複数の金融機関に仮審査申し込みをしてもいいの?


A.複数の金融機関に仮審査を申し込んでおけば、審査が通った金融機関の中から条件のいい金融機関を選べるのでとても便利です。
もしも1つの金融機関しか仮審査を申し込んでいなければ、審査に落ちたら別の金融機関を探して、新たに手続きをやり直さなければなりません。
スムーズに住宅ローンの融資を受けるため、複数の金融機関に仮審査を申し込むことを推奨しています。



Q.仮審査に申し込んだ情報を銀行同士で共有しているの?

A.仮審査に申し込んだ情報を信用会社を通じ、銀行同士で共有しているということはありません。






スポンサー






※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください



posted by Office-ISC at 22:22 | 興産信用金庫 コード1305
〇お知らせ


何気なく加入している火災保険ですが、火災保険の保険料は保険会社によって大きく違うのをご存知ですか?以下のページで、火災保険見直しの必要性やポイントを紹介していますので、よろしければご覧ください

●火災保険の節約術 火災保険の保険料は保険会社によって大きく違う!






約60の金融機関の中から、最大6つの金融機関に仮審査の申し込みができます。複数の金融機関の金利や手数料を比較できるのでとても便利です。以下のページでは、火災保険見直しの必要性やポイントも紹介しています。

●住宅ローンの金融機関選びで金利を節約するポイント




※ 団体信用生命保険や火災保険に関する情報も紹介しています
※ TOPページからご利用ください